秋葉原の街が開いた世界

ヨガの根本経典「バガバットギータ」には古代インドの賢者達の生きる智慧が記されていますが、その一節にこう記されています。

「自ら自己を高めるべきである、自己を沈めてはならぬ。自己こそ自己の友であり自己こそ自己の敵である。」
自己を高めるとは、自己を成長させると言い換える事が出来るでしょう。ヨガでは経験を積み重ねていく事で、自分を成長させていく事が出来ます。 子供の頃、私達はほぼ全ての出来事が初めての体験でした、ですので小さな事で動揺し不安になってしまいました。年を重ね様々な経験を積み、成長をする事で、小さな事では動揺しなくなるのです。私達は日々の生活の中で無意識のうちに自分の慣れ親しんだ事ばかり選択しがちですが、常に経験を積む事によって私達の許容範囲は広がってゆき心の波立ちも減っていくのです。

数年前のある日、友人から余ったAKB48のライブチケットを頂きました。当時AKBの名前は聞いたことがありましたがあまり詳しく知らず、ただ人気のアイドルグループぐらいの認識でした。妻に聞けばAKB48のライブチケットは入手困難らしく即日完売になってしまうほどの人気だそうで夫婦で行く事に決めました。私自身ライブコンサート自体が初めてだったのでネットで色々と調べたら、どうやらファンの方々はペンライトでアイドルを応援するらしいのです。私達はペンライトを持っていないので買いに行く事に・・・どうせだったら本物のペンライトが欲しかったので秋葉原にある公式ショップへ買いに行こうと決めました。

生まれて一度もきちんと行ったことがない秋葉原は当時の私にとってオタクの聖地で未知の世界。ワクワクどきどき少し不安も感じつつ1人で新しい街に飛び込みました。秋葉原の駅前に出てみると町はAKB48一色に染まっていて公道にはど派手なAKBの街宣車がば何台も走っており、至る所に大きなポスターが貼られ、アイドルのファンと思われるスーツを着た紳士は自分で用意したラジカセの曲に合わせて激しく踊っていました。道中、噂には聞いていたメイドの女性にも遭遇し困惑しました。

まるで異国に来たような感覚を味わいながら無事に公式ショップにたどり着き店内に入ると、人でごった返していました。よく見るとアイドルの生写真を交換こしているではありませんか。店内の男性に「ペンライトはどこで買えるのか?」と聞くと「君はチーム何を応援しているの?」と聞かれたじたじ・・AKB48はチーム分けされていて、そのチームをファンは応援するのだと、親切にその男性は私に説明してくれました。

無事にペンライトを手に入れ後日、夫婦で東京ドームのコンサートに行ってきました。何万人という人達の熱気と興奮に包まれた会場は今か今かとライブの始まりをまちます、派手な合図とともにライブがスタートすると観客のボルテージも一気に最高潮に会場内全員が歌って踊って一つになります。コンサート初体験だった私は圧倒されっぱなし、でも気付けば私達夫婦も歌って踊っていました(笑) 。会場の一体感に感動を感じながらあっという間に時間も過ぎてしまいました。ライブの帰りはくたくたでした。

結果、秋葉原の街に行きオタクの方の親切に触れた事で、秋葉原の街が身近になり、オタク文化にも触れる事が出来ました。また今ではコンサートが好きになり、国内外の様々なアーティストのコンサートにも行くようになりました。

私達の目の前には日々様々な出来事が差し出されます、時には自分が苦手な事や一見躊躇してしまいそうな事も・・・自分の得意な事ばかりを選り好みしていると中々新しい経験を積む事は出来ませんが、新しい事や苦手な事が差し出されたとき、そこで歩みを止めるのではなく少し勇気を出し一歩足を踏み込んでみる事でそこから新しい世界が広がっていくのかもしれません。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

LINE@はコチラ
QRコード

連絡先 お問合せフォーム